渡辺淳一×小泉孝太郎 耳から効く、現代社会を生き抜くための処方箋

内容

学校、仕事、恋愛、結婚生活などなど、ストレスの原因は、人生のいたるところ転がっています。そうしたストレスフルな現代社会を、したたかに、そして楽しく生き抜くためのパワー「鈍感力」を、医師でもある作家・渡辺淳一が凝縮。それを俳優・小泉孝太郎が、快活に朗読します。

原作

渡辺 淳一

1933年(昭和8年)10月24日、北海道生まれ。
札幌医科大学医学部卒業。元同大学整形外科学教室講師。医学博士。


学生時代より医業を志す傍らで文筆活動を継続、1970年『光と影』で第63回直木賞を受賞。本格的に作家活動を開始。

『ダブル・ハート』など医学に材をとったもの、『静寂の声』『君も雛罌粟われも雛罌粟』などの評伝もの、『ひとひらの雪』『失楽園』『愛の流刑地』など男女の葛藤を描いたもの、そして定年退職した男性の悲哀を描いた『孤舟』など幅広いテーマの作品を発表している。

本書『鈍感力』を初めとするエッセイも多数。

渡辺淳一写真

キャスト

小泉 孝太郎

1978年(昭和53年)7月10日、神奈川県生まれ。


2002年、テレビドラマ『初体験』でデビュー。
その後は『松本清張ドラマスペシャル・波の塔』や『コールセンターの恋人』で主演を務めるほか、『義経』『天地人』といった大河ドラマで着実にキャリアを重ね、バラエティ番組のキャスターとしても活躍。映画『踊る大捜査線シリーズ』では、警視庁のネゴシエーター、小池茂を好演した。

2013年、大河ドラマ『八重の桜』に江戸幕府最後の将軍、徳川慶喜役で出演。

>公式プロフィール

小泉孝太郎写真

製品情報

AUDIO BOOK

オーディオブック『鈍感力』
(CD4枚組/総再生時間:約3時間46分)


発売日:2012年12月3日
サイズ:190x135x15mm(本棚に保管しやすい単行本サイズ)
価格:1,890円(税込)


e-Spirit Booksのオーテ?ィオフ?ックとは

書籍などの朗読を録音し、CDなどの形で作品化したものをオーディオブックといい、「聴く読書」として耳からお楽しみいただけます。

e-Spirit Booksでは、人の心を惹きつける力のある小説を、魅力的な声やキャラクターを持った俳優・タレントが朗読する、高品質なオーディオブックを制作、リリースしていきます。